独立開業じてお店を持ちたいあなたを応援!!
銀座惣菜店のパートナーとして
自分のお店を持ってみませんか?

img01
銀座惣菜店は、炭火で焼き上げた串焼きと手作りにこだわったカラダに優しいお惣菜が自慢の惣菜チェーン店です。

15坪以下の小さなスペースが基本スタイルで、小資本かつ少人数の運営展開が可能。
また、ノウハウをしっかりレクチャー致しますので、これまで飲食店の経営に携わったことがないという方でも安心して開業いただけます。


退職して心機一転、開業したい!!
小さくてもいいから自分のお店を持ちたい…などなど

銀座惣菜店は、そんな独立開業をしたいという方の夢を応援致します。

img01

のれん分け制度

銀座惣菜店は、炭火で焼き上げた串焼きと手作りにこだ銀座惣菜店は、店舗オーナーを目指す社員を育成して独立を支援する、いわゆる「のれん分け制度」によって経営展開をしております。
独立を前提に入社した社員は、実際に銀座惣菜店の店舗で接客や調理方法などを学び、ステップを踏んで店長に昇格。人事や経理など、店舗を運営するために必要なノウハウを習得します。
そして、経営者にふさわしい能力をマスターしたと認定された方だけが独立する資格を取得、晴れてオーナーとして独立開業出来るというわけです。

のれん分け制度メリット

img01
お店を創るのには、もちろん資金が必要です。
店舗を構えるとなると、準備資金もそれなりです。
その点のれん分け制度は小規模でも展開出来るので、通常の店舗経営ではなかなか削ることが出来ない費用を抑えることが可能です。
加えて当店ののれん分けプランは、低資本で独立開業が実現致します。
img01
開業費用を抑えることは前述の通りですが、店舗維持に掛かる費用はどうしても省くことが出来ません。
惣菜店は小さなスペースでも開業出来るので、小回りが利く店舗レイアウトさえ施せば、店舗維持費も最小限に抑えることが可能です。
img01
お惣菜は実践を積み重ねることで「勘」をとりつけさえすれば、難しい調理ではありません。基本を忠実に守って頂くことで、良い商品を作り続けることができます。
また、ノウハウをしっかりとレクチャー致しますので、それまで飲食店の経営に携わったことがない方でも、安心して開業いただけます。
img01
当店は、立地・集客に優れた大型のスーパーやショッピングモール・複合商業施設を中心に出店しておりますので、安定した売り上げが確保されております。
努力如何で売り上げを伸ばし、収益拡大に結び付けることも夢ではありません。

人事部からのメッセージ

img01
外食産業は、お店がお客様に選ばれなければ営業を続けていくことが出来ません。
では、銀座惣菜店がお客様に選ばれるために大切にしてきたものとは何か?
その答えは「人」です。「人」といっても、お客様だけではなく、お店で働く社員・アルバイトまで含めた「人」です。
働く環境をきちんと整えて、初めてお客様にいいサービスが提供出来る…
そんな想いを抱きながら、日々歩んでおります。
この考えは、この先も変わることはありません。

採用担当者としては、この考えに共感してくれる方と一緒に働きたいと思っております。
「人に喜んでもらうことが好き」「接客が好き」「料理が好き」「店を持ちたい」「メニューを作りたい」などなど…
このような気持ちを持っていらっしゃる方なら、きっと成功出来るはずです。人事としても、最大限にバックアップ致しますので、まずは当店にご相談ください。
たくさんの方からのご応募を、お待ち申し上げております。

のれん分け制度プロセス

銀座惣菜店KSフロンティアのれん分けフランチャイズは、独立後に継続的に健全な経営を続けられる店舗経営力を身に付けるために、正社員として銀座惣菜店KSフロンティアに入社していただきます。正社員としての安定収入があるなかで、店舗オペレーション、人材マネジメントや教育、経営ノウハウを学んでいただき、最短1年、平均2~3年を掛けて研修を行いのれん分け形式で独立できます。

img01
銀座惣菜店ののれん分けを検討される場合は、下記連絡先までお問い 合わせください。折り返し本部よりご案内致します。
img01
当店ののれん分け・出店の流れについて、ご説明致します。
独立開業がはじめてという方でも安心して開業いただけるよう、経営やフランチャイズについての質問を承ります。
img01
他店舗にて研修を受けていただき、接客や調理方法などを学んでいただきます。
img01
既定の審査をお受けいただきます。
img01
当社のれん分け制度をご理解いただけましたら、FC加盟店契約締結となります。
img01
1〜5までの過程を経て、開店です。本部のスーパーバイザーが定期的に現場を回り、開業後もしっかりサポート致します。

お問い合わせはこちら
このページのトップへ